水路補修

環境にやさしく既存の水路を靭性モルタルで補修します。

TG緑化工法

実施TG緑化工法植生調査

H12年度施工

砺波細入線外県単独災害防除法面補修工事

発注者:高岡土木事務所
施工:H12年4月
法勾配:1:0.8・1:1
基材厚:5cm
施工面積:675㎡
条件:災害法面・勾配変化有り
導入種子:
メドハギ
ウイ―ピングラブグラス
オーチャードグラス
トールフェスク
侵入種:
イタドリ・タニウツギ
クマササ・クズ
セイタカアワダチソウ
ヤマハンノキ

調査結果
 導入草本類は衰微し、ヤマハギ・イタチハギ侵入樹木が繁茂して、樹高1~2mに生育している。
 現地の構造物により倒木の危険性は無い。
 侵入樹木も多く、自然復元が順調に推移していると言える。

H12年度施工

久婦須川ダム左岸付替道路法面第4工区工事

発注者:久婦須川ダム建設事務所
施工:H12年10月~11月(3.5年)
法勾配:1:1.2 基材厚:3・5cm
施工面積:1.437㎡
条件:粘性土・風化岩部復旧
導入種子:
ヤマハギ・イタチハギ
メドハギ・トールフェスク
オーチャードグラス
クリーピングレッドフェスク
侵入種:
イタドリ・タニウツギ
クズ・ヤマハンノキ
調査結果
 施工期が降雪前で、当初の生育波遅く、緑量不足が心配されたが3年で草本類が衰微し、導入木本類と侵入木本類が生育している。
 樹高は、0.5~1.0mでまだラス
 金網による倒木の危険性は無い。

BF緑化工法

実施BF緑化工法植生調査

工事用道路(5工区)その2工事
施工後2年
施工後2年

発注:国交省利賀ダム工事事務所
施工面積:2100㎡
施工:平成14年11月
タイプ:100㎡/1タンク
法勾配:1:1.5
導入種子:
ヤマハギ・イタチハギ
コマツナギ・メドハギ
アキグミ・ヌルデ
イタリアンライグラス

調査結果
 草本のメドハギ・イタリアンライグラスガ繁茂し、木本類のヤマハギ・イタチハギ・コマツナギ等の幼木の生育が観られる。
 根粒木の生育が観られるので吹付け基盤内の肥料分も確保されて、在来木本・草本類の侵入も期待される。

赤坂霊苑造成工事

発注:砺波市生活環境課
施工面積:3000㎡
施工:平成15年4月
タイプ:150㎡/1タンク
法勾配:1:1・1:0.8
導入種子
墓地隣接法面:
トールフェスク
ケンタッキーブルーグラス
バミュウダーグラス
バーズフットトレフォイル
上部法面:
ヤマハギ・イタチハギ
コマツナギ・メドハギ
法面条件:
湧水多し・粘性土
夏季乾燥有り
植生結果
 施工期が4月で湧水の多い期間で、基材安定後に最初に植生したのは苔類であった。夏季に入り墓地隣接法面に於いて導入草本類の繁茂が観られ、上部法面に於いて草本類・木本類の発芽がられるが、苔類の繁殖に負けている。
 夏季に入ると苔類が衰微し、赤く変色しているが、木本類の生育は順調で、2~3年後に樹高が50cm程度まで生育すれば、木本による緑量も確保できると思われる。